リコーダーJP
    


F. マンチーニ

〜〜ナポリ楽派の俊英〜〜



★アレッサンドロ・スカルラッティの好敵手★

 フレンチェスコ・マンチーニ(1672年〜1737年)は、ナポリに生まれナポリに没した作曲家です。当地で重きをなしていたアレッサンドロ・スカルラッティの地位(宮廷礼拝堂楽長)を虎視眈々と狙っていたようで、スカルラッティがローマに移った留守中に頭角をあらわしました。しかしのちにスカルラッティがナポリに戻ると、再びその下で働かざるを得ませんでした。スカルラッティの死後は後任として活躍したとはいえ、結果的にはつねに先輩・スカルラッティの後塵を拝さざるを得なかったマンチーニ。スカルラッティがそれだけ偉大だったということでしょうか。

 多数のいろいろな宗教曲のほか、29曲のオペラ、7曲のセレナータ、12曲のオラトリオ、200曲を越す世俗カンタータを残しました。器楽曲はあまりたくさん書かなかったようです。しかしその中に12曲のリコーダーソナタ(1724年)と24曲の室内協奏曲(リコーダーと2つのヴァイオリンと通奏低音という編成 1725年)が含まれており、いずれもよく演奏されるレパートリーになっています。


★急減な転調の多い劇的なスタイル★

 マンチーニらが属した「ナポリ楽派」の曲は、予期せぬような転調の多い劇的な表現に特徴があるとされ、マンチーニのソナタにもそういう傾向がみられます。しかし、それだけではなくて、旋律性がゆたかで規模も大きな堂々たる作風です。


リコーダーJPが楽譜等をご提供できるマンチーニ作品
アルトリコーダーソナタ 第1番 ニ短調
アルトリコーダーソナタ 第2番 ホ短調
アルトリコーダーソナタ 第3番 ハ短調
アルトリコーダーソナタ 第10番 ロ短調
アルトリコーダーソナタ 第11番 ト短調
アルトリコーダーソナタ 第12番 ト長調

クラシック曲リストにもどる

HOME

Copyright 2006-2016 RecorderJP Inc. All rights reserved



.