リコーダーJP
    


R. ヴァレンタイン

〜〜本場イタリアで成功した英国人〜〜


  ロバート・ヴァレンタイン(1671年ごろ〜1747年)は、イギリス人なのに音楽先進国イタリアで成功しためずらしい音楽家です。当時のイギリスは「お金はあるが音楽家は不足」だったため、主にイタリアから音楽家を招いて不足を補っていたのですから、これは快挙だったことでしょう。

 イギリスのちょうど真ん中あたりにあるライセスターという町に生まれました。彼の一家はオルガニストを多く輩出し、19世紀に至るまでこのあたりの音楽シーンに大きな役割を果たしたそうです。ヴァレンタインの修行時代のことはよくわかっていませんが、とにかく18世紀になるかならないかのころに、二十歳そこそこのヴァレンタインはトーマス・サムウェル卿の支援を得てイタリアに赴き、ローマを中心に、リコーダー奏者・オーボエ奏者として30年ほども活躍しました。それとともに、主としてリコーダーのための作品集もローマやアムステルダムでたくさん出版し、それらの作品集は彼が帰国する1731年までにはロンドンでも全て出版されていたという人気ぶりでした。また当時の愛好家が手書きで筆写した楽譜集で、ナポリの作曲家の作品ばかりを集めてある中にヴァレンタインのコンチェルトを1曲収めてあった例があり、このことから、ヴァレンタインはナポリでも何らかの活動を行ったことがあるのではないかと考えられています。

 このようにイタリアで活躍したヴァレンタインは、イタリアに傾倒するあまりかイタリアふうに「ロベルト・ヴァレンティーニ」と名乗っていました。しかし、イギリス人としての誇りも失っていなかったようで、彼がローマなどで出版した楽譜では名前の後に Inglese(英国人)と付記してありました。

 ヴァレンタインは1747年にローマで亡くなったとみられています。

 ※ 以前、生没年や死去した土地を「1680年ごろ〜1735年ごろ英国で」としていましたが、新しい研究成果に基づいて訂正しました。 (2016年8月6日)



リコーダーJPから出版のあるヴァレンタイン作品

アルトリコーダー用
ソナタ ハ長調 作品5−1 
ソナタ ニ短調 作品5−2 
ソナタ ヘ長調 作品5−3
ソナタ ヘ長調 作品5−4
ソナタ 変ロ長調 作品5−5 
ソナタ ホ短調 作品5−6
ソナタ ト長調 作品5−7
ソナタ へ長調 作品5−8
ソナタ へ長調 作品5−9 
ソナタ へ長調 作品5−10 
ソナタ ハ長調 作品5−11 NEW! 2017年4月発売


クラシック曲リストにもどる


クラシック作曲家紹介にもどる


HOME

Copyright 2011-2017 RecorderJP Inc. All rights reserved



.