リコーダーJP シックハルト作品


ソナタ 4番 嬰ハ短調(「24のソナタ 作品30」より)

★この曲を収録したCDつき楽譜★
RG-013A リコーダー用 900円+税
SR-026 リコーダー用 3800円+税


★解題★

 J.C.シックハルトの「24のソナタ 作品30」は、原題は「音楽のアルファベット 24のソナタ」で始まる長いもので、1735年ごろの出版だそうです。1722年に発表された大バッハの「平均率クラヴィーア曲集」と同様に、「すべての調によるソナタ」であることが狙いの一つだったようで、フルート、ヴァイオリン、リコーダーのどれで演奏してもよいことになっていました。(音域が違いますから、その場合は音符記号の読み替えにより、移調して演奏するようになっていました。)

  すべての調、というからには、シャープやフラットの記号が5つも6つもついたような調号になる曲も出てくるわけですが、難しい場合は、やさしい調で演奏することもできるようになっていました。たとえば、「嬰ハ長調」(シャープ7つの調)の曲の楽譜を、「ハ長調」の楽譜として読んでしまえば格段にやさしくなります。そういうことをしてもよいということになっていたのです。

 RJP版では、フランス・ブリュッヘンらが提案している調の選定(全音楽譜出版社刊「24のソナタ」による)と曲配列にもとづいて出版していきます。(ブリュッヘン版では原典と異なる曲配列になっていますが、RJP版でもブリュッヘン版が付した曲番号を踏襲するということです。)

(一部改稿 2011.08.24.)



★解説★

 第4番のソナタは、原典では「ニ短調または嬰ニ短調」のソナタで、これをブリュッヘンらが「解題」にあるような事情により嬰ハ短調に移調したものです。

 5楽章から成っています。調が調なので演奏はかなり難しいと思いますが、しかし、このソナタは全体に凝った転調やちょっと奇妙な音使いがちりばめられた、意欲的な作品です。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)で、4分の4拍子。激しく転調しながらキメ細かく音がつむがれ、複雑な味わいを出しています。あとはすべて舞曲ですから、さしずめこれが「プレリュード」というところ。

 第2楽章はヴィヴァーチェ(生きいきと)のアルマンド(Allemande)。4分の4拍子の速い曲ですが、疾走する感じではなくひたひた進む雰囲気でしょうか。

 第3楽章はクーラント(Corrente)、4分の3拍子。付点のリズムによるコレンテはシックハルトが非常に愛したジャンルです。

 第4楽章はサラバンド(Sarabanda)で、2分の3拍子。ゆったりしたテンポで上品に歌います。

 第5楽章はアレグロのジーク(Giga)。後半の最初にいきなり長調に転ずるところは斬新で、一瞬「おや?」と思うような面白い効果を上げています。



※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(C−1)
第2楽章(C−3)
第3楽章(C−2)
第4楽章(B−2)
第5楽章(C−2)
※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏: 石田誠司
  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


シックハルトのページにもどる


HOME

Copyright 2005-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.