リコーダーJP シックハルト作品


ソナタ 6番 ニ短調(「24のソナタ 作品30」より)


★この曲を収録したCDつき楽譜★
RG-074 リコーダー用 900円+税
SR-026 リコーダー用 3800円+税



★解題★

 J.C.シックハルトの「24のソナタ 作品30」は、原題は「音楽のアルファベット 24のソナタ」で始まる長いもので、1735年ごろの出版だそうです。1722年に発表された大バッハの「平均率クラヴィーア曲集」と同様に、「すべての調によるソナタ」であることが狙いの一つだったようで、フルート、ヴァイオリン、リコーダーのどれで演奏してもよいことになっていました。(音域が違いますから、その場合は音符記号の読み替えにより、移調して演奏するようになっていました。)

  すべての調、というからには、シャープやフラットの記号が5つも6つもついたような調号になる曲も出てくるわけですが、難しい場合は、やさしい調で演奏することもできるようになっていました。たとえば、「嬰ハ長調」(シャープ7つの調)の曲の楽譜を、「ハ長調」の楽譜として読んでしまえば格段にやさしくなります。そういうことをしてもよいということになっていたのです。

 RJP版では、フランス・ブリュッヘンらが提案している調の選定(全音楽譜出版社刊「24のソナタ」による)と曲配列にもとづいて出版していきます。(ブリュッヘン版では原典と異なる曲配列になっていますが、RJP版でもブリュッヘン版が付した曲番号を踏襲するということです。)

(一部改稿 2011.08.24.)



★解説★

 6番のソナタは6楽章から成る「バロック組曲」ふうの作品です。全体にやさしく演奏できるわかりやすい音楽で、どなたにもお勧めできる佳品です。

 第1楽章はアレグロ(快活に)・4分の4拍子のプレリュードふうの音楽です。軽快で気の利いたシックハルトらしいアレグロ。

 第2楽章はカンタービレ(よく歌うように)と指定された4分の4拍子の曲で、アルマンドなのでしょう。比較的高い音域を中心としてここちよく流れます。

 第3楽章は4分の3拍子で、コレンテ(クーラント)と題されています。付点のリズムを基調にした、端正な印象の曲です。

 第4楽章はヴィヴァーチェ(生きいきと)、4分の3拍子。きわめて快速な演奏が求められる感じの曲ですが、そうなると終わり近くに何度か出てくる10度の跳躍進行で低い音を鳴らすのが難しくなります。この曲で唯一の、演奏上の「難所」になるかも知れません。しかし、流麗に進みながら多彩な表情をみせる、内容豊富なすばらしい曲で、この曲の白眉でしょう。

 第5楽章は「アリア」と題され、再びカンタービレと指定された4分の4拍子の曲です。楽譜から受ける感じではガボットのように速く演奏してもよさそうなのですが、指定に従って(また通奏低音実施者・きゃっつさんの解釈に従って)ややゆっくりなテンポを採用しました。

 第6楽章は再びアレグロで、4分の3拍子。メヌエットなのでしょう。高い音は出てきますが、難しいところがまったくないので、初級・中級者の練習曲としても好適です。


※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(C−1)
第2楽章(B−3)
第3楽章(B−2)
第4楽章(B−3)
第5楽章(B−1)
第6楽章(B−2)
※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:
石田誠司  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


シックハルトのページにもどる


HOME

Copyright 2008-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.