リコーダーJP シックハルト作品


ソナタ 8番 変ホ短調(「24のソナタ 作品30」より)


★この曲を収録したCDつき楽譜★

RG-103 リコーダー用 900円+税
SR-050 リコーダー用  3800円+税



★解題★

 J.C.シックハルトの「24のソナタ 作品30」は、原題は「音楽のアルファベット 24のソナタ」で始まる長いもので、1735年ごろの出版だそうです。1722年に発表された大バッハの「平均率クラヴィーア曲集」と同様に、「すべての調によるソナタ」であることが狙いの一つだったようで、フルート、ヴァイオリン、リコーダーのどれで演奏してもよいことになっていました。(音域が違いますから、その場合は音符記号の読み替えにより、移調して演奏するようになっていました。)

  すべての調、というからには、シャープやフラットの記号が5つも6つもついたような調号になる曲も出てくるわけですが、難しい場合は、やさしい調で演奏することもできるようになっていました。たとえば、「嬰ハ長調」(シャープ7つの調)の曲の楽譜を、「ハ長調」の楽譜として読んでしまえば格段にやさしくなります。そういうことをしてもよいということになっていたのです。

 RJP版では、フランス・ブリュッヘンらが提案している調の選定(全音楽譜出版社刊「24のソナタ」による)と曲配列にもとづいて出版していきます。(ブリュッヘン版では原典と異なる曲配列になっていますが、RJP版でもブリュッヘン版が付した曲番号を踏襲するということです。)

(一部改稿 2011.08.24.)



★解説★

 6つの楽章から成っており、第一楽章だけは遅いですが、あとはすべてかなり快速に演奏する曲です。「フラット6つ」というたいへんな調である上にこの楽章構成ですから、いわば「これでもか」というほど困難に満ちた難曲で、それだけ練習はしがいがあります。また音楽的には、都会的なセンスが光る魅力的な作品です。
 なお、菊田光則さんの「演奏例」は驚くべきすばらしいもので、このテンポで演奏できるようになるにはかなりの練習時間を必要とするかたが多いでしょう。そこで、「バロックピッチ伴奏」を兼ねる「モダンピッチ・ニ短調」の伴奏を使って、「ニ短調のソナタ」として演奏することができるようにした楽譜も収録しました。これなら格段に演奏は容易になり、手軽にお楽しみいただけると思います。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)、2分の3拍子。静かに歌い出し、後半はしだいに付点の音型が増え、最後は少し自由に奏するエピソードによって次の楽章につなぎます。
 第2楽章はアレグロ(快活に)、4分の4拍子で、題名がありませんが、おそらくアルマンドというつもりでしょう。すっきりと書かれた佳作。
 第3楽章はシックハルト得意の付点音符を基調とするコレンテで、ヴィヴァーチェ(生きいきと)、4分の3拍子。寸分のスキもない名品です。
 第4楽章は再びアレグロで、4分の4拍子です。これも緻密に書かれたすぐれた快速楽章で、ほんとうに冴えた腕前を感じさせます。
 第5楽章は8分の6拍子のジーク。よくある感じのテーマ、よくある感じの展開で、類型的とも言えるかも知れませんが、躍動感あふれる一級の出来映えです。
 第6楽章は再びヴィヴァーチェ、4分の3拍子で、「速いメヌエット」かなという感じです。わりあい演奏しやすいので、まずこの楽章から練習してみると、「変ホ短調」に馴染んできて、入っていきやすいかも知れません。


※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏(原調)
第1楽章(原調ではB−3、ニ短調ではB−1)
第2楽章(原調ではC−3、ニ短調ではC−1)
第3楽章(原調ではC−3、ニ短調ではB−3)
第4楽章(原調ではC−3、ニ短調ではC−1)
第5楽章(原調ではC−3、ニ短調ではB−3)
第6楽章(原調ではC−2、ニ短調ではB−2)
※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:菊田光則さん  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


シックハルトのページにもどる


HOME

Copyright 2009-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.