リコーダーJP R. ヴァレンタイン作品


ソナタ ニ短調 作品5−2


★この曲を収録したCDつき楽譜★
RG-132 リコーダー用 900円+税



★解題★

 「英国人ヴァレンタイン作 独奏フラウト(アルトリコーダー)と通奏低音のためのソナタ 作品5 第1部」(SONATA A FLAUTO SOLO COL BASSO /Roberto Valentine Inglese opera quinta parte prima) は、6曲から成り、1715年ごろにローマで出版されました。続いて1716年ごろにアムステルダムで、1718年ごろにロンドンでも出版されましたが、これらの版はさらに6曲を加えた12曲入りになっていました。(ということは、ローマ版にも本来「第2部」があったのかも知れません。)

 さすがに「音楽の本場・イタリア」でリコーダー奏者として活躍したというだけあって、華麗にして才気あふれる作風です。遅いテンポの楽章は華麗な装飾がほどこされていて、バルサンティの第2番ソナタなどとならび、イタリア・バロックの絢爛たる演奏様式を生き生きと伝えています。


★解説★

 4つの楽章から成り、緩・急・緩・急の構成です。やや小粒ですが、歌謡性が豊かで内容がゆたかな、非常にすぐれた作品です。また、演奏効果のわりに演奏しやすく書かれているのも特筆ものです。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)、4分の3拍子です。開始そうそうに、一体どこに連れて行かれるのかと思うような調性の不安定さがよぎりますが、間もなく落ち着き、長調に明るんだあと、はなやかな下降音階を含む終結句に続きます。シンプルな内容ですが、訴えかけが強くてわかりやすい、美しい楽章です。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、2分の2拍子。弾むように始まって、リズミカルに音楽が進みます。印象的なモチーフを執拗に繰り返す語り口は、後輩ヴェラチーニに影響したのかも知れません。

 第3楽章は再びアダージョ、4分の3拍子で、イ短調に転じています。よく歌いながら進み、ここでも速い下降音階のパッセージが末尾を飾ります。

 第4楽章は再びアレグロで、4分の2拍子です。付点のリズムを基調として調子よく進みますが、同時にゆたかな旋律性も感じられます。短めの終曲ですが、鮮やかに全曲を締めくくっています。


※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B−3)
第2楽章(B−3)
第3楽章(B−3)
第4楽章(B−3)

※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:
石田誠司  チェンバロ演奏: 石田誠司 (使用楽器はローランド 電子チェンバロ C-30)


ヴァレンタインのページにもどる


HOME

Copyright 2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.