リコーダーJP R. ヴァレンタイン作品


ソナタ ハ長調 作品5−4


★この曲を収録したCDつき楽譜★
2144 アルトリコーダー用 1500円+税
RG-144 アルトリコーダー用 900円+税
SR-073 アルトリコーダー用 3800円+税



★解題★

 「英国人ヴァレンタイン作 独奏フラウト(アルトリコーダー)と通奏低音のためのソナタ 作品5 第1部」(SONATA A FLAUTO SOLO COL BASSO /Roberto Valentine Inglese opera quinta parte prima) は、6曲から成り、1715年ごろにローマで出版されました。続いて1716年ごろにアムステルダムで、1718年ごろにロンドンでも出版されましたが、これらの版はさらに6曲を加えた12曲入りになっていました。(ということは、ローマ版にも本来「第2部」があったのかも知れません。)

 さすがに「音楽の本場・イタリア」でリコーダー奏者として活躍したというだけあって、華麗にして才気あふれる作風です。


★解説★

 5つの楽章から成り、緩・急・緩・急・急の構成です。どの楽章も簡潔にできていて、取り組みやすく、それでいて内容の濃い作品です。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)、4分の4拍子です。冗舌を避けた簡潔な語り口が、面白い味を生んでいます。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、2分の2拍子で、力強いテーマを扱うフーガふうの楽章です。

 第3楽章は再びアダージョで、4分の3拍子。イ短調で、はなやかな装飾を織り込みながら進みます。

 第4楽章は再びアレグロで、8分の3拍子です。ここでも無駄を省いたキビキビした音楽の運びが印象に残ります。

 第5楽章はプレスト・アッサイ(きわめて速く)と指定されたガヴォットで、一陣の風のような短い音楽です。こういう「おまけ」のような終曲を置く行きかたは、コレルリはじめ多くの類例のある、ひとつの形です。


※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(C−1)
第2楽章(B−2)
第3楽章(B−3)
第4楽章(B−3)
第5楽章(B−3)


※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:
石田誠司  チェンバロ演奏: 石田誠司 (使用楽器はローランド 電子チェンバロ C-30)


ヴァレンタインのページにもどる


HOME

Copyright 2012 RecorderJP Inc. All rights reserved



.