リコーダーJP R. ヴァレンタイン作品


ソナタ へ長調 作品5−10


★この曲を収録したCDつき楽譜★
2178 アルトリコーダー用 1500円+税
RG-178 アルトリコーダー用 900円+税



★解題★

 「英国人ヴァレンタイン作 独奏フラウト(アルトリコーダー)と通奏低音のためのソナタ 作品5 第1部」(SONATA A FLAUTO SOLO COL BASSO /Roberto Valentine Inglese opera quinta parte prima) は、6曲から成り、1715年ごろにローマで出版されました。続いて1716年ごろにアムステルダムで、1718年ごろにロンドンでも出版されましたが、これらの版はさらに6曲を加えた12曲入りになっていました。(ということは、ローマ版にも本来「第2部」があったのかも知れません。)

 さすがに「音楽の本場・イタリア」でリコーダー奏者として活躍したというだけあって、華麗にして才気あふれる作風です。


★解説★

 6つの短い楽章から成っています。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)、4分の4拍子です。メロディーの骨組みはいたってシンプルですが、そこに細かな装飾をほどこすことで音楽が成り立っています。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、4分の2拍子。ヴァレンタインらしい「ゴキゲン」な楽章です。屈託のない明るさが身上。

 第3楽章はマルチア(マーチ)と指定されています。ほとんどが「1の和音(主和音)」でてきているというやや実験的な内容になっています。

 第4楽章はアダージョ、4分の3拍子で、リズムの特徴からするとサラバンドかも知れません。後半の心のこもった音楽が耳に残ります。

 第5楽章は4分の3拍子のメヌエットです。トリルを小気味よく決めるとなかなか爽快感があります。ちょっと見には平凡なようですが、なかなかの出来栄え。

 第6楽章はアレグロと指定された8分の6拍子のジークで、疾走するスピード感の曲です。これ以上ないほどの短さですが、後半に出てくるタイを用いた少し長い音に力があって、光るものがあります。


※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(C−1)
第2楽章(C−1)
第3楽章(B−3)
第4楽章(C−1)
第5楽章(B−2)
第6楽章(B−3)

※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:
石田誠司  チェンバロ演奏: 石田誠司 (使用楽器はRJP所有のデジタルサンプリング音源)


ヴァレンタインのページにもどる


HOME

Copyright 2016 RecorderJP Inc. All rights reserved



.