リコーダーJP シックハルト作品


ソナタ 2番 ハ短調(「24のソナタ 作品30」より)


★この曲を収録したCDつき楽譜★
RG-007A リコーダー用 945円
SR-009 リコーダー用 3990円



★解題★

 J.C.シックハルトの「24のソナタ 作品30」は、原題は「音楽のアルファベット 24のソナタ」で始まる長いもので、1735年ごろの出版だそうです。1722年に発表された大バッハの「平均率クラヴィーア曲集」と同様に、「すべての調によるソナタ」であることが狙いの一つだったようで、フルート、ヴァイオリン、リコーダーのどれで演奏してもよいことになっていました。(音域が違いますから、その場合は音符記号の読み替えにより、移調して演奏するようになっていました。)

  すべての調、というからには、シャープやフラットの記号が5つも6つもついたような調号になる曲も出てくるわけですが、難しい場合は、やさしい調で演奏することもできるようになっていました。たとえば、「嬰ハ長調」(シャープ7つの調)の曲の楽譜を、「ハ長調」の楽譜として読んでしまえば格段にやさしくなります。そういうことをしてもよいということになっていたのです。

 RJP版では、フランス・ブリュッヘンらが提案している調の選定(全音楽譜出版社刊「24のソナタ」による)と曲配列にもとづいて出版していきます。(ブリュッヘン版では原典と異なる曲配列になっていますが、RJP版でもブリュッヘン版が付した曲番号を踏襲するということです。)

(一部改稿 2011.08.24.)



★解説★

 ハ短調のソナタは曲集の第2曲。

 第1楽章はアレグロ。音階を中心とする16分音符の速い動きが支配しています。石田の演奏例はまだかなりゆっくりのテンポですが、もっと快速に演奏できればさらに面白さが出るでしょう。

 第2楽章はアダージョ。ゆっくりではありますが、ある程度流れて行く感じのあるメロディーです。きゃっつさんによる通奏低音実施はそのあたりを汲んで、シンコペーション(いわゆる「あと打ちのリズム」で、冒頭小節の「ズン・チャーンチャ」というリズムなど)を多用したユニークなものです。

 第3楽章は再びアレグロ。今度は第1楽章とは趣向を変えて、跳躍する音の多い、おどるような感じの音楽です。最後に出てくる半音階が新鮮な感じ。

 第4楽章はジーク。爽快に、スピード感が出るように演奏したい曲です。

 第5楽章は演奏のやさしいメヌエットです。いろいろ装飾で遊んでみる余地が大きいかも知れません。


※ 演奏例がお聴きいただけます

第1楽章 (C−1)
第2楽章 (B−1)
第3楽章 (B−3)
第4楽章 (B−3)
第5楽章 (B−2)
※カッコ内の表記は指回り難度です
※リコーダー演奏: 石田誠司  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


シックハルトのページにもどる

HOME

Copyright 2002-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.