プロジェクト・RJPのページ

★長期的計画(目標)・中期計画について★

2004年10月21日開設
2011年9月22日更新
2014年2月5日若干の追加
2015年5月22日更新
2018年6月23日更新


リコーダーJPは、作曲家・演奏家・愛好家が共同で進める、趣味としての独奏リコーダー演奏を提案するプロジェクトです。

RJPアルトリコーダー入門講座」を開設して、通信講座の提供も行なっています。

このページでは、プロジェクト全体を俯瞰するとともに、現時点における中長期計画やその進行状況について、随時ご報告します。

(文責:RJPディレクター・石田誠司)




目次
1 RJPの長期的目標
2004.10.21
2011.09.22改訂
2015.05.22改訂

2 RJPの中期計画(2018年〜2020年ごろ)
2015.06.23

3 当面の制作予定(別ページ)





■ 1 RJPの長期的目標■ 記 2004.10.21. 2011.09.22改訂 2015.05.22改訂

 ルネサンス時代から広く愛好され、バロック時代には花形独奏楽器として全盛を極めたリコーダーの演奏を、現代人にとって生涯楽しめる良き趣味としてひろくお勧めするために始めたプロジェクトです。そのため、次の4つの目標を柱に取り組んできました。

 楽器経験の全くないようなかたでも、リコーダー本来の美しさを味わいながら無理なく楽しく習得できるような、チェンバロ伴奏つきの練習環境を整えること。

 バロック時代に作曲されたアルトリコーダー用独奏ソナタをはじめとするリコーダー音楽の遺産を、だれでも安く手軽に演奏して楽しめるようにすること。

 現代の作曲家たちの手になる新たなレパートリーを愛好家に提供し、現代の作曲家たちとアマチュア演奏家との幸福な関係を打ちたてること。

 他の楽器のための曲や他のジャンルの曲のなかからリコーダーで演奏するにふさわしい作品を選び、リコーダー用に編曲することを通じて、リコーダーのアレンジ曲レパートリーを充実させること。


 このうち、については旗艦シリーズ「アルトリコーダー ステップバイステップ」1〜3巻をはじめとする教則本の発刊を進めるとともに、 Web講座・無料アルトリコーダー入門講座ならびに、それに続く講座として「独奏リコーダー講座」を開設し運営中です。今後ますます充実させていきたいと思っています。

  については、プロジェクトの柱として「伴奏CDつき楽譜」のシリーズの充実につとめてきました。今後もたゆまず推進します。また、Web上で豊富なラインナップを使い放題に利用できる定額の会員制度も用意していきます。

  は発足当初力を入れていたものの、その後立ち遅れが大きくなっていました。2012年ごろから少しずつ力を入れるようにしています。

  については「アレンジメンツ」シリーズを軸に進めていましたが、2012年ごろからはリコーダー・アンサンブル用の編曲譜出版に重点を移して取り組んでいます。


 また、上記1〜4以外に、たとえば

 独奏リコーダー愛好家とチェンバロ奏者の間をむすぶ活動。

 リコーダー愛好家の交流などをめざすさまざまなイベントの開催。

 リコーダーの楽しさを多くの人に知っていただけるような小さな演奏会の企画・支援など。

8■ 学校教育で用いていただける生徒用製品の開発・提案。

なども目標として努力しています。



目次にもどる



■ 2 RJPの中期計画(2018年〜2020年ごろ)■ 記 2018.06.23

 まずは反省から。

 2015年から2017年ごろまでの中期目標として、次のように掲げていました。

■1■ 出版活動の継続・強化

■2■ Web講座の充実
 「中級講座」の完成と「上級講座」の制作着手。また、講座との関連で、RJPの曲資産を自由に利用できる定額会費制による会員制度の実現

■3■ 「リコーダー三昧」のイヴェントの開催

■4■ 収支の黒字化


さて、結果ですが、

Web講座については「中級講座」を完成しました。また「上級講座」の制作着手には至りませんでしたが、中級講座の終盤で「先生をお招きして」の形を模索し、ある程度、形を得ましたので、準備は整ってきたと思います。また、「定額会員制」は、内輪のものとしてですが、創設にこぎつけました。(当分は会員公募は行ないません。)

出版活動の継続・強化については、Web講座「中級講座」コンテンツの完成後、ある程度のペースアップができてきていると思います。

しかし、「リコーダー三昧」のイヴェント開催については、Web講座の規模(要するに生徒数ですが)が伸び悩んだため、開催に踏み切れませんでした。

収支の黒字化については、「とにかく借金を増やさずに回せるようになった」というところまでは来ました。しかし、会社としてはまったく資金的体力がありませんし、スタッフの待遇も最低レベルですので、まだまだ改善を目指していかねばならないと思っています。


以上をふまえて、2020年ごろまでの中期目標として、次のように定めたいと思います。

■1■ 出版

 音源つき楽譜については、将来的な「バロック・リコーダー作品の網羅」をめざして、3年間で50曲規模の新譜発表を目指したいと思います。
 同時に、新作の楽譜出版についても3年間で10曲規模の発表を目指したいと思います。


■2■ Web講座

 中級講座の卒業者が出始めますので、「上級講座」コンテンツをいくつかは制作したいと思います。


頑張りますので、応援どうぞよろしくお願いいたします。




 なお、当面の発刊予定製品についてはこちらのページで随時ご報告して参ります。


目次にもどる


HOME

Copyright 2004-2018 RecorderJP Inc. All rights reserved



.