リコーダーJP
    


J. S. バッハ

〜〜音楽史上屈指の巨人〜〜



★あまりにも偉大なバッハ★

 ヨハン・ゼバスティアン・バッハは、音楽史上でも屈指の偉大な作曲家です。没後250年以上も経つというのに、その作品は、今もCD録音や演奏会でさかんに取り上げられているというだけではなく、ジャズをはじめとする現代のさまざまなミュージシャンによって繰り返しアレンジされ、親しまれています。バッハの一族には作曲家が多いので、とくにJ.S.バッハのことを「大バッハ」と呼ぶことがあるのもご存知でしょう。

 ヘンデルやテレマンが、イタリア音楽やイギリス音楽から明るい洗練された趣味を学んで自分の作風を作り上げていったのに比べると、バッハの場合は生涯ドイツの宮廷や教会から外に出ることのなかった、ある意味ではもっともドイツ的な作風の作曲家だと言えるでしょう。しかし、そのバッハが、テレマンやヘンデル以上の普遍性を獲得し、高い評価と人気を得ている。この事実からは、いろいろなことを考えさせられます。


★リコーダー曲の作曲家としてのバッハ★

 大バッハには、残念ながら、チェンバロ伴奏(通奏低音伴奏)でリコーダーが演奏するように意図されたとみられる作品はみつかっていないようです。「フラウト・トラヴェルソ」と呼ばれるバロック時代のフルートのための曲ならばたくさんあるし、また、管弦楽曲や声楽作品でリコーダーを用いた例はたくさんあるのですが・・・。

 ことに、「ブランデンブルグ協奏曲」とよばれる6曲セットの管弦楽曲集においては、その2番と4番とでリコーダーが独奏楽器の一つとして取り上げられ、大活躍しています。(探査機「ボイジャー」に積み込まれた地球文化を代表する芸術作品にもこれらの曲が選ばれたそうです。つまりリコーダーは地球を代表する音楽でもちゃんと活躍しているわけですね。) しかし、独奏ソナタとなると、バッハはフラウト・トラベルソのほうを好んだようなのです。



★バッハのフルートソナタなどをリコーダーで演奏すること★

 そこで、リコーダーJPでは、バッハがフラウト・トラヴェルソやヴァイオリンなどを指定している独奏曲を、リコーダーで演奏しやすいように移調したり少し直したりした楽譜と伴奏CDを制作しています。ある楽器のための曲を別の楽器に移植することは、バロック作品において当時からはしばしば行われていたことです。

 ただやはり、概して、演奏はなかなか難しいのです。テレマンなどが「指回りが速いために難しい」のに対して、バッハの場合は「音が複雑な動きをするので難しい」傾向が強いように思われます。

 しかし、音楽としての良さは最高ですから、がんばり甲斐はあります。テレマンと同じで、ゆっくりな楽章ならずいぶんやさしいですし、速い楽章についても、リコーダーJPは練習用のゆっくりな伴奏も、またその切り分け部分伴奏もCDに収録してお届けしますから、無理のない形で、じっくりと腰を据えて取り組んでいただけます。今後長い間たいへん息の長い楽しみを提供してくれる、最高の価値のある曲たちだと言えるでしょう。


リコーダーJPから出版のあるおもなバッハ作品
ソナタ ニ短調 BWV1014
ソナタ イ長調 BWV1015
ソナタ ホ長調 BWV1016
ソナタ ハ短調 BWV1017
ソナタ ヘ短調 BWV1018 
ソナタ ト長調 BWV1019
ソナタ ト短調 BWV1020
ソナタ ロ短調 BWV1030
ソナタ 変ホ長調 BWV1031
ソナタ ハ長調 BWV1033
ソナタ ホ短調 BWV1034
ソナタ ホ長調 BWV1035

フーガの技法 第1番
フーガの技法 第2番
フーガの技法 第3番
フーガの技法 第4番
フーガの技法 第5番
フーガの技法 第6番
フーガの技法 第7番
フーガの技法 第8番
フーガの技法 第9番
フーガの技法 第10番
フーガの技法 第11番
フーガの技法 第12番
フーガの技法 第13番
フーガの技法 第14番
フーガの技法 第15番

小フーガ ト短調

ブランデンブルグ協奏曲 第4番
ブランデンブルグ協奏曲 第6番



★バッハのソナタが聴けるおもなCD(リコーダーで演奏したもののみ)★

 バッハの作品をリコーダーで演奏した録音のCDとしては、次のようなものがあります。

  ●ミカラ・ペトリ(リコーダー) キース・ジャレット(チェンバロ) (BVCF2525)
  ●マリオン・フェアブリュッヘン(リコーダー) ミッツィ・メイヤーソン(チェンバロ)(KKCC298)



クラシック曲リストにもどる

HOME

Copyright 2002-2010 RecorderJP Inc. All rights reserved



.